ricenal

女性へ贈る{リセナル}にこめられた4つの想い

1.Concept コンセプトを込めた名前

2.Health 日本人に合う健康法 体内外からできる、お米美容が新鮮

『糠』という字は『お米と健康』から出来ています。米食の日本人に親しみ深い健康成分を、オイルギュっと凝縮したら、美容成分になりました。

3.Bodycare 全身に使える潤い ナチュラルコスメで全身に潤いを届ける

選び抜かれた国産米の米糠から採れた米油をベースに、天然成分のみをブレンド。毎日のケアタイムを幸せな癒し空間に激変させるナチュラルコスメです。

4.Mindcare 心も癒される香り・ローズ 天然ローズ精油の香り=幸せな気持ち!

無農薬で育てた希少価値の高いノバラを水蒸気蒸留して得たローズ精油を配合。ローズの香りには、女性ホルモンの働きを活発にし、心を穏やかにする精神作用もある万能香と呼ばれています。

商品を企画したメンバー

美容ライター 松本愛
美容ライター 松本愛 女性誌・ファッション誌の編集ライターを経て、現在は美容・インタビュー記事などを中心に活動。化粧品メーカーでのコラム執筆やコスメ企画なども手がける。
デザイナー丸山ルコ
デザイナー 丸山ルコ 東洋美術学校グラフィックデザイン科卒業後、いくつかの企業を経て、現在はフリーランスでデザイン、イラストレーションなどを手がけています。2歳の子どもを子育て中のママです。

米油を主成分にする理由は?

米糠から採れる米油は日本の主食として親しまれており、
機能性が高く、スキンケアやボディケアに
必要とされる成分を豊富に含んだ天然成分です。

{リセナル}の特徴

米油に含まれる代表的な成分

*マッサージによるケア

米油は美容液としてスキンケア以外に、キズ修復・アンチエイジングによいと言われている抗酸化成分のビタミンE・オリザノールが豊富に含まれているため、ストレッチマークセルライトなど、女性が誰しも気にしているボディケアに最適です。

米油の特徴

安全・安心
米油とは玄米を精米にする際に発生する米ぬか及び米胚芽に含まれる油分で唯一の国産植物油です。 油分にも関わらずべたつきが少なくサラサラしているのが特徴で、時間が経っても含まれている美容成分が変質することなく持続します。
髪から足のツメまで全身に使える
オイルなのでUV・パーマ・カラーリングなどでパサパサになってしまったダメージヘアにも使え、キューティクルオイルに使えばツメのような堅い組織にもよく浸透します。
米油にしかない美容成分
コレステロールを減少させ、自律神経を安定させる成分の『γーオリザノール』は、米ぬかにだけ含まれている栄養成分です。
圧搾法で米油を抽出したリセナルは、これらの栄養成分を美容成分としてたっぷり抽出することができました。
日本人との相性が最高の油
米油は古来から肌荒れの気になる部分に薄くぬることで、
肌に油層のふたをつくり、肌の潤いを逃さない役目があると認識されていました。手荒れや肌荒れの予防としても、日常的に使われてきた天然油です。

お好みのテクスチャーで選べるラインナップ

100%天然成分 リセナル美容オイル 購入する

リセナル 美容オイル

容 量:60ml
価 格:1,000円(税抜)
JAN:4562366440334

{ 成分 }

{ 不使用成分 }

鉱物油 シリコン パラベン 石油系界面活性剤 合成香料 合成着色料
87%天然成分 リセナル ローション 購入する

リセナル ローション

容 量:100g
価 格:1,000円(税抜)
JAN:4562366440341

{ 成分 }

水、コメヌカ油、(マカデミア種子油/水添マカデミア種子油)エステルズ、グリセリン、スクワラン、コメ胚芽油、ノバラ油、キサンタンガム、(アクリル酸ヒドロキシチエル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-150、カプリリルグリコール、ステアリン酸PEG-55トコフェロール、フェノキシエタノール

{ 配合されている植物成分 }

  • コメヌカ油
  • コメ胚芽油
  • トコフェロール
  • マカデミア種子油
  • ステアリン酸グリセリル(パームヤシ由来)
  • スクワラン(オリーブ由来)
  • ノバラ油

{不使用成分}

鉱物油 シリコン パラベン 石油系界面活性剤 合成香料 合成着色料

ご使用方法

ヘア用オイルとして
シャンプー前のスカルプケアマッサージや、ドライヤー前の髪の保護材としても。
フェイスケア
洗顔後にそのまま、または化粧水の後に美容液代わりに。
ボディケア
少し水分を残してタオルドライしたボディにさっとなじませるだけ。乾燥が気になるお腹や乳房のマッサージにも。
ネイルケア
爪まわりの乾燥やささくれに。
フットケア
かかとなどのかさつきに。

こんな使い方もあります

頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂は、オイルで浮かせてクレンジング。オイルを頭皮になじませ、指の腹を使ってらせんを描くように揉み込みます。その後、シャンプーして洗い流せばスッキリ。

洗顔後すぐ、オイルを顔全体に伸ばすブースター的な使い方で、オイルが肌を柔らかくほぐし、後につける化粧水の浸透が高まります。

化粧水、乳液、クリームなどのスキンケアを行った後、オイルを1、2滴顔全体にのばします。オイルによって肌全体にバリアが張られ、保湿力がアップします。

リキッドファンデーションに混ぜればメイクの持ちが良くなり、化粧直しの際に使うミストに混ぜれば、その後のお化粧のノリがよくなります。

お風呂やシャワーの後、まだ水分が少々残っている状態で少量を全身にマッサージ。残った水分を拭き取れば全身しっとりのもち肌に。